パソコン制作

パソコンは自分で作れる

自作PCは、市販のパソコン製品より自由度が高いのが魅力です。料金、目的に合わせた付随商品で、自分だけのオリジナルパソコンが作れます。また、専門販売店では、必要なモノが揃っていて知識を学べば購入も簡単に出来ます。

男の人

利便性を考える

自作PCは様々な視点を持って製作することができてとても便利です。メンテナンスのしやすさを重視してケースを選ぶこともできますし、外観を重視してケースを選ぶこともできます。どの部分の機能を良くするかを考えて自作PCを製作することもできます。

男性

特徴を理解して作ろう

自作PCは、とても奥が深いものである。一般人の感覚からすると、全然わからなくても当然だろう。しかし、調べることで自然に理解することができるようになってくる。頑張って調べ、楽しい自作PCライフを送ってみよう。

PCを操作する人

自分で組み立てよう

自作PCは各部品の規格が定まっていますので、交換が容易な魅力があります。自作PCの費用を考える時は、どの部品にごたわって費用をかけるかを考えることも大切です。こだわりがない場合は、格安の費用で作ることもできます。

パソコン

必要なスペックを決める

自作PCを作るときには、ネットサーフィンやゲームなどの目的に応じてスペックを決めます。そして、パーツ選びではCPUとグラフィックボードとメモリーの容量をポイント選びます。それに加えて、パーツの適合も確認しながら選ぶ必要があります。

低予算でPCをゲットする

婦人

自分で作るゲーミングPC

近年自作PCが人気なのは、ハイスペックなゲーミングPCが安価に作れることがその理由でしょう。もちろん、選ぶパーツによっては激安とまでは行かないかもしれませんが、その気になれば10万円を切る予算で十分使えるマシンを作ることが可能。予算的に二桁の持ち出しはちょっと無理という場合でも、自作PCなら予算内で納得の行くマシンを持てる希望があるわけです。ただし、BTOと比べて1台目から大幅な低予算化が出来るというわけではありません。もし作りたいのがゲーミングPCではなく、インターネットがサクサク見られるくらいでOKという人なら、5万円前後で組むことは十分可能。グラフィックにこだわりたい、アクション性の高いゲームを気持ち良くプレーしたいという人は、もう少し予算がないとちょっと厳しいでしょう。ただ、一度組んでしまえばその後の拡張はかなり安価に出来る場合が多いので、次からが大幅なコストダウンに繋がる可能性があります。もちろん拡張の伸びしろは必要なので、スロットやポートの数は注意しなければいけませんし、パワーユニットにも余裕が欲しいところ。あまり削りすぎるとさすがに性能差をカバーしきれませんし、未来につながる選択をしておくことも大事でしょう。ただ、実際のところ自作PCが人気なのは、予算厳守で動けばいいPCを作るためと言うよりは、純粋にPCを組むことが楽しいからでしょう。自分で組んだ自作PCほどカワイイものはありませんし、少しずつ育てて行く楽しみもありますからね。